ダイエットを成功させるためには善玉菌を摂取すれば良いわけではない

腸活という言葉が近年流行っていますが、腸内環境の改善は、美容やダイエットに欠かせない要素です。 腸内環境を改善することによって、食べ物の消化・吸収が促進され、その栄養が、全身の代謝にどんどん使われるサイクルが出来上がってくると、エネルギー消費をしやすい体質になっていくわけです。 腸内環境を整えるために有効なのが、体外から善玉菌を摂取することです。

善玉菌を増やすと腸内環境が良くなると言われている理由

私たちの腸内には、100兆個にも上る数の腸内菌が常在しています。 これを腸内フローラと呼びますが、この腸内フローラは善玉菌と悪玉菌と日和見菌の3つの菌で構成されています。 これら3つの菌の割合は2:1:7くらいが理想で、この比率のときが、腸内環境が良い状態と定義されています。 しかし、加齢や生活習慣、ストレスなどが原因で、悪玉菌の比率が増えてしまうことがあるのです。 悪玉菌は腸内で有毒な物質やガスを作り出したり、腸の運動量を低下させてしまいます。 こして「腸内環境が悪化」します。 これを改善するためには、善玉菌の比率を理想の形に戻さなければなりません。 ですので、ヨーグルトなどの発酵食品で善玉菌を体外から補充すると良いとされています。

体外から摂取された善玉菌が有効に働くとは限らない

しかし、腸内菌に関する最近の研究では、善玉菌を体外から摂取したからといって、必ずしも腸内環境の改善には繋がらないことが分かってきました。 なぜなら、私たちの腸内フローラの構成は、人によって大きく異なるからです。 前項で、腸内フローラは、善玉菌と悪玉菌と日和見菌の3つに分類されるとお話ししましたが、例えば善玉菌とひと口でいっても無数の種類があり、それぞれ個性があります。 善玉菌だからといって、私たちにとって有用に働くとは限らないとうことです。 善玉菌の中には、働きが悪かったり、怠け癖のあるものもあります。 腸内菌が持つ個性は、人によってそれぞれ異なるので、同じ形で同じ量の善玉菌を摂取しても、効果的に作用するしないが分かれるのです

善玉菌を体外から摂取するのは効果がないのか?

では、善玉菌を体外から摂取しても意味がないのでしょうか? 決してそうではありません。 ヨーグルトなどの発酵食品で善玉菌を摂取すると、それ自体が腸内の善玉菌として定着するわけではありませんが、既存の善玉菌のエサになります。 これを繰り返していくと、徐々に善玉菌が強化されていき、腸内で善玉菌が優勢になっていくわけです。 ですので、結論としては、善玉菌を体外から摂取することは、腸内環境の改善に繋がる可能性は高いが、腸内フローラには人それぞれ個性があるため、善玉菌の効果が出やすい人、出にくい人が分かれるということになります。