善玉菌を効果的に増やす方法とは?

腸内環境を整えることは本当にたくさんのメリットがあります。 例えば、痩せやすい体質になったり、肌荒れが改善したり、便秘が解消したり。 しかし、良い効果はそれだけではなく、腸内環境の改善は私たちの免疫力を高めたり、大腸ガンのリスクを減らしたりします。 腸内環境の改善は私たちの健康にも大きく関わってくるわけです。 では、腸内環境を整えるためには私たちは一体何をしたらよいのでしょうか?

腸内菌についてまず知ろう

腸内環境を改善するには、まずベストな腸内環境とは何か?を知ることから始めるとよいでしょう。 ベストな腸内環境がどのようなものなのかを知れば、その状態にもっていくようにすれば良いわけです。 より腸内環境とは、一言でいうと「腸内菌のバランスが良い状態」です。 私たちの腸内では、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌が存在していて、互いに勢力争いをしているのでしす。 良い腸内環境とは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の数の比率が3:1:6となっている形がベストです。 しかし、善玉菌の力が弱まると、その隙をついて悪玉菌が増殖し、腸内にガスや腐敗物を増やし、腸内環境を荒らしていきます。

悪玉菌が増える原因とは?

では、悪玉菌はどのようなキッカケで増殖してしまうのでしょうか? 原因は複数なるのですが、代表的な原因を3つあげるとすれば、
  • 食生活の乱れ
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
となるわけです。特に、食生活の乱れと生活習慣の乱れは、腸内環境を悪化させるとても大きな要因です。 例えば、ファーストフードや冷凍食品、またはお肉や油をたくさん使用した食べ物は腸は消化が悪いので、腸に未消化の残りカスが溜まりやすいのです。 悪玉菌はそのような食べ物の残りカスをエサにして増殖してしまいます。 これは善玉菌にとってはかなりの脅威と言えます。

善玉菌を増やす方法とは?

悪玉菌の勢力に対抗するには、やはり善玉菌を増やす方法が有効です。 いわば「善玉菌に援軍」と送り込むというわけです。 善玉菌はヨーグルトなどの乳酸菌食品に豊富に含まれるので、毎日食べると良いでしょう。 それと同時に、おすすめしたいのは、発酵食品を日々の生活で摂り入れることです。 なぜなら、発酵食品は腸内の善玉菌のエサになるからです。 発酵食品に含まれる発酵菌は、胃酸によって胃の中で死滅するものがほとんどですが、そのような死滅した菌も善玉菌のエサとなるのです。