お肌を痛める原因と効果的な美肌対策

どんなにキレイにメイクをしても、どんなに着飾っていても、素肌が汚かったらすべてが台無し。 そう思っている方は多いのではないでしょうか? 素肌がキレイな人って、本当に輝いていますよね。 ハツラツとした、健康的な印象があるので、本当に憧れます。 しかし、努力だけではなかなか美肌は手に入らないというのも事実ですよね 。 お金をかけたからといって、必ずニキビや毛穴のない肌になれるわけではないのです。 肌は体の中のすべてが表れています。 ですから、肌をキレイにしたいと思ったら、外からのケアと中からのケア、両方を考える必要があります。 今回はそんな内外からのケアで見落としがちなポイントをご紹介します。

シャンプー・リンスは肌に合っていますか?

特に額にニキビが酷い人は注意してください。 髪には合っていても、肌に合わず、ニキビの原因となっていることがあるのです。 額のニキビが酷い人は、一度使っているシャンプー・リンスを見直してみましょう。 また、ロングヘアの人場合は、すすぎ残しが原因ということもあります。 シャンプーやリンス後のすすぎは念入りに、できれば1分程度は行いましょう。 洗った後、髪を束ねたり、シャワーキャップを被るのもおすすめです。

一日の水分量は足りていますか?

血液の粘度が高くなると、皮膚に栄養が行き届かなくなり、ニキビの原因になると言われています。 お茶類やコーヒーなどを飲んで、水分を摂っていると思い込んでいませんか? 血液のめぐりをよくするためには、水が一番です。 それも良質な水をたくさん摂ることによって、肌はキレイになっていくのです。 自分の体質に合った水をこまめに補給し、一日に2リットルを目安に摂るようにしましょう。

日焼け止めを塗り忘れていませんか?

意外と知られていないのですが、紫外線はニキビの原因の一つです。 紫外線を浴びると、肌の角層が厚くなり、毛穴が詰まってニキビへとつながるのです。 朝メイク下地で日焼け止めを塗ったから・・・とそれで一日中過ごしてしまってはいませんか? ニキビを防ぐためにも、日焼け止めはこまめに塗りなおすことが大切。 冬でも意識して、日焼け止めを塗りなおしましょう。 最近はスプレータイプで、メイクの上から塗れる日焼け止めもあるので、上手に活用してみてください。 いかがでしたか? キレイな素肌になるためには、意識を高く持つことが大切です。 ぜひ一度見直してみましょう。