デブ菌を減らし痩せ菌を増やすためには?

無理なく自然に痩せるためには、デブ菌を減らし、痩せ菌を増やしていくことがとても効果的です。 ちょっと待って下さい、デブ菌と痩せ菌は一体どういうものなのかさえも分かりませんという声が聞こえてきそうです。 この記事では、デブ菌と痩せ菌について解説し、具体的に何をすればよいのかを説明していきます。

デブ菌・痩せ菌とは一体何なのか?

デブ菌、痩せ菌とは、正式な名称ではなく相性のようなものですが、これらは腸内細菌の一種です。 小学校のときに、腸内には3つの菌が存在しており、それが善玉菌、悪玉菌、日和見菌だと教えられたと思います。 善玉菌は、腸内環境を良くする菌、悪玉菌は腸内環境を悪くする菌、日和見菌は、善玉菌、悪玉菌どちらにも属さない菌ですが、どちらかが優勢になる方に加担する菌です。 この3種の菌のうち、デブ菌、痩せ菌は日和見菌に属している菌です。 正式には、デブ菌は日和見菌の中でも「ファミーキューテス」と呼ばれるグループに属し、痩せ菌は「バクテロイデーテス」グループに属する菌となっています。 デブ菌はその名の通り、脂肪を体内にため込もうとする菌、痩せ菌はデブ菌とは逆に、体内の脂肪を燃やそうとする菌です。

デブ菌が増えてしまうのはどうして?

ヒトの腸内フローラは、先に説明したたくさんの菌によって構成されていますが、デブ菌が多い人は肥満になりやすく、痩せ菌が多い人は肥満になりにくいのです。 ですから、生まれつき肥満体質の人は、先天的にデブ菌が多い可能性があるというわけです。 また、腸内フローラは、その人のこれまでの環境や食生活、生活習慣などがもとになって構成されているものということを考えると、それらの条件がデブ菌の多い腸内を作った可能性もあります。 多くの場合、後者のケースがとても多いです。 つまり、腸内にデブ菌が多い人は、デブ菌を育ててしまう環境や食生活、生活習慣などをこれまで送ってきてしまったというわけです。 デブ菌が大好物なのは、ラーメンや揚げ物、スナック菓子、ファーストフードというような食べ物。 そしてデブ菌はストレスの多い生活や、体を動かす機会のない生活が大好きです。 このようなものを糧にしてデブ菌は増えていってしまうのです。

デブ菌を減らし痩せ菌を増やすためには

デブ菌を減らし、痩せ菌を増やすためにまず私たちができることは、痩せ菌が喜ぶエサを積極的に摂取することです。 先にもお話ししたように、デブ菌やラーメンや揚げ物、スナック菓子、ファーストフードが大好物です。 これらの食品の摂取を控えると同時に、痩せ菌のエサになる食べ物を積極的に摂取するようにするのです。 納豆やキムチなどの発酵食品に加え、わかめ・海藻類、キノコ類などは痩せ菌が喜ぶ食品です。 食生活を変えていくことで誰でもデブ菌を減らし、痩せ菌を増やすことができます。