サプリの効果は嘘?サプリの効果を実感する方法

アメリカでは、日本よりもサプリが身近な存在となっています。 というのは、アメリカでは、健康食品であるサプリが広く用いられれば、医療費が削減できるのではないかという思惑もあり、サプリが推奨されているようです。 日本でもアメリカほどではないですが、サプリ市場が拡大しつつあります。 しかし、根拠のない嘘の効果をうたって宣伝されたいたりして問題になったりもしています。

嘘の情報も横行?サプリは本当は効果なし?

サプリとひと口で言っても、ダイエットや美肌、健康、日焼け、バストアップなどさまざまな内容のものがあります。 これらは、ドラッグストアやコンビニでも市販されていますが、多くのサプリは、インターネット通販で取り扱われています。 ネット通販では、宣伝用の販売ページの内容を見て消費者が購入する形ですが、文章ではなかなか効果が伝わりにくかったり、捉え方も人それぞれなので、誤解が生じたり、トラブルに発展したりすることも少なくないようです。 インターネット上にある口コミサイトなどには、さまざまなサプリに関して口コミが投稿されていますが、なかには嘘やステマの疑いのあるものもあります。 要するに、サプリの販売業者の関係者が消費者を装って、良い評価の口コミを投稿して見た人の購入を促すのです。 また、その逆もあり、業界関係者がライバル商品の評価を下げるために、嘘の投稿をするケースもあるようです。 ただ、実際にサプリを使用したユーザーの本当の口コミもまぎれているので、なかなか判断が難しいです。 このように情報に嘘が横行することも少なくない「サプリ」ですが、効果は期待できるのでしょうか?

サプリの効果的に利用する方法

そもそもサプリメントは、健康食品に該当します。 これは医薬品とは違い、効果効能が厚生労働省によって評価されていないものになります。 サプリメントは、特定の栄養が濃縮された食品です。例えば野菜や果実を発酵させたエキスを濃縮したサプリは美肌に効果的なビタミンやミネラルが豊富に含まれるので、それを摂取することによって、何らかの美肌効果が期待できる可能性があります。 実際に食事からビタミンやミネラルを効率よく摂取しようとすると、ボール一杯の野菜や果実を毎日食べなければいけなかったり、調理法を工夫しなければならなかったりします。 しかし、サプリであれば手軽に効率よく摂りたい栄養を摂れる形になります。 ですので、サプリを痩せられる薬とか、美肌になれる薬のように考えるのではなく、あくまでも普段の食事で足りてない分を補うというスタンスで利用するべきです。 これがサプリを効果的に利用する方法です。