美しいお肌作りに欠かせないセラミドとは?

健康で美しい肌は、たっぷりと水分を保ち、なおかつ油分もある肌のことです。 二つのバランスがいいと、肌は美しく丈夫になれます。 ところが、空気中の汚れや日光、不規則な生活などによって、肌のバランスはたちまち崩れてしまいます。 特に、肌の水分はとても簡単に奪われてしまいます。 この水分が不足した状態が、「乾燥肌」です。 人間の肌は乾燥した状態になると、本来持っているバリア機能が弱くなり、外的な刺激ですぐに肌が傷ついてしまいます。 つまり、たっぷりと水分があり、適度な油分もある肌は、多少のほこりや紫外線などにはびくともしませんが、バリア機能が弱くなっている乾燥肌の場合、ほんのちょっとの刺激でも肌は傷ついてしまい、肌荒れにつながってしまうのです。 これが「敏感肌」です。 乾燥肌はバリア機能が弱くなっている状態なので、乾燥肌の場合はもれなく敏感肌でもあるということですね。

乾燥性敏感肌にはセラミドが効果的

乾燥していて敏感になっている状態の肌のことを、「乾燥性敏感肌」と言います。 この乾燥性敏感肌には、セラミドで保湿するのが有効的です。 セラミドとは、体内にある成分のひとつです。 私たちの肌はたくさんの細胞がくっつき合いながら構成されているのですが、その細胞同士の間に「細胞間脂質」という、クッション的は役割のものがあります。 この細胞間脂質はクッションのように柔軟で、なおかつ細胞同士をくっつける糊の役割も担っています。 この細胞間脂質に含まれているのが、セラミドです。 細胞間脂質は糊の役割だけでなく、外界の刺激が肌の奥に入らないよう守ってくれています。 また細胞内にある大切な水分が外に逃げないようにガードしてくれてもいるのです。 細胞間脂質ががんばってくれているから、肌は潤いをキープできるということです。

セラミドはこんな理由で減少していってしまう

しかし、このセラミドは年とともに減少してしまいます。 年齢を重ねるにつれて、何だか肌の調子がよくない・・・と感じるのも、 このセラミドの減少が原因になっているのです。 また、肌が乾燥していると、肌のターンオーバーのリズムが乱れ、セラミドはさらに減少します。 肌というのは通常28日周期くらいで角質細胞を新たに作り出しているのですが、乾燥している状態では角質細胞を作るペースが早くなります。 この場合の「早い」はやっつけ仕事でスピードが上がっているのと同じ状態なので、出来上がる角質細胞は未熟な状態。 当然、含まれるセラミドも十分には作られません。 よって、ターンオーバーが早まったことにより、セラミドが不十分なため、さらに乾燥が進んでしまうのです。 乾燥はセラミドの減少に拍車をかけるということですね。 このように、セラミドと乾燥肌は深い関係にあります。 乾燥肌にとって、セラミドは本当に重要な成分なのですね。 乾燥肌に悩んでいる人は、今使っている化粧品をセラミド配合のものに変えたり、サプリなどで体内からセラミドを補うなどして、減少してしまった分を補わなければなりません。